宝塚雪組「華麗なるギャツビー」の思い出。

「グレート・ギャツビー」が、宝塚に続いて、東宝と梅田芸術劇場(で合ってるかしら!?)でミュージカル化されましたね。

それで思い出したのが、宝塚初演の雪組の「華麗なるギャツビー」。残念ながら、月組公演は観そびれてしまったので、雪組公演の思い出を書きたいと思います。

雪組公演は、当時、ミュージカル評論家からも高評価の話題作だった記憶があります。
杜けあきさんのギャツビー、鮎ゆうきさんのデイジー、一路真輝さんのニック、海峡ひろきさんのトム、美月亜優さんのマートル、早乙女幸さんのジョーダン、古代みず希さんのジョージ・・・思い返せば、主なキャストが皆さん、はまり役でした!フィッツジェラルドの原作がもと=あてがきではないのに、凄いことですよね。

中でも、やはり杜さんのギャツビーの影、包容力、大人の男の存在感は秀逸でした!宝塚版の主題歌ともいえる「朝日の昇る前に」を歌う前、海を見つめる後ろ姿に、男役は、後ろ姿でも魅せるものなんだなと感じたことを覚えています。

そして、鮎さんのデイジーも高貴な美しさがあり、素晴らしかったです。人妻であるだけではなく、その美貌ゆえに手が届かない存在として映る鮎さんの気高いデイジーが、杜さんのギャツビーをより際立たせたといっても過言ではない気がします。

そして、清潔感があり、とにかく美しいのに親しみやすく、憎めない一路真輝さんのニック。ゴルフ場でミスショットを連発する姿や、ジョーダンと恋の心構えを歌う「愛のファイナル・ショット」でのコミカルな演技など、陽性な雰囲気でギャツビーと好対照をなしていました。

他にも、当時、若手だった香寿たつきさんが、朱未知留さんと歌われた「レクエルド」の色気のある歌声など、観劇の思い出を挙げればきりがありません。

今回の「グレート・ギャツビー」は、宝塚と同じ小池修一郎さん脚本・演出ですが、作曲はブロードウェイでもご活躍のリチャード・オベラッカーさんとのこと。井上芳雄さんをはじめとするキャスティングも含め、また新たな、魅力的なギャツビーワールドが展開されていることでしょう。
私は残念ながら観劇予定がないのですが、作品の益々の発展を祈ります!

春の雪(宝塚月組):若さゆえ?!

スカイステージの予告で、明日海りおさんと咲妃みゆさんの姿の大正ロマン的な雰囲気に惹かれ、録画した「春の雪」(2012年宝塚月組公演)、ようやく観ることができました。
(※ネタバレ含みます。)

原作は、あの三島由紀夫。
宝塚版は、流れのままいけば順風満帆に進んだはずの青く初々しい恋愛が、若さゆえのボタンのかけ違いから、悲劇に転じていく様を描いた作品だと感じました。
結ばれるお膳立ては整っていたはずの松枝清顕と綾倉聡子の関係が、清顕のいらぬ見栄や勘繰りをきっかけに拗れ、ようやく二人の思いが燃え上がった時期と前後して、聡子は宮家の男性と婚約し、事態は破滅へと繋がっていく。

それだけに、「何故そうなる!?」と突っ込みたい瞬間も多いのですが、その愚かさこそが人間らしさであり、若さかもしれないなと。さらに言えば、この作品は、未熟さ、愚直なまでの純粋さ、底知れぬエネルギーを抱える若者という生き物を、ある意味、究極の形で描いているのかもしれません。機会があれば、原作も読んでみようかな。

そんな中、最終的には心身を病み、命を落とす清顕も哀れですが、彼との間に身ごもった子供を産むことも許されず、出家の道を選ぶ聡子はさらに救いがないように感じられて。勿論、婚約者がありながら、ほかの男性と関係をもつなど言語道断ではありますが(家柄や時代性を考えれば尚のこと)、彼女がまだうら若いことを考えると、自業自得とは思いつつ、同情心が湧いてしまいました。

そして、自ら結婚のチャンスを逃しながらも、最期まで彼女を求め続けるというある意味身勝手な人物像に、「若さゆえ」という部分を見出せたのは、配役の妙といえるのかもしれません。明日海りおさんの清顕は、気品と精悍さ、清潔感に溢れていて、小説と違い、言葉だけでは書き込み切れない人物像を見事に埋めているように思いました。

また、咲妃みゆさんの聡子は、可愛さを前面に出した伯爵令嬢のステレオタイプの役作りではなく、地に足のついた凛とした佇まいと落ち着きがあり、研2とは思えない風格を感じました。

以上、大正ロマンの世界を久々に堪能させていただきました。